VISION SONGVISION SONG

【JTBコミュニケーションデザインとの協業 -VISION SONG- 社歌制作の新しいカタチ】

JTBグループ内の、あらゆるコミュニケーションに関するプロフェッショナル集団、JTBコミュニケーションデザインでは、
「モチベーション」をコアドライバーにした企業や団体の「組織開発」「人財育成」を行っています。
今回、JTBコミュニケーションデザイン独自のモチベーション理論を基に、
ビジョンやCI(コーポレートアイデンティティ)を抽出するノウハウと、
JENERGY(ジェナジー)の企業理念、ビジョンを音楽に変換した社歌を制作するノウハウを掛け合わせた、
企業向けモチベーション施策の提供を開始しました。

【VISION SONGとは? ~日本企業に音楽で活力を!~】
VISION SONGとは、企業理念やビジョンをJ-POPに乗せて表現する社歌の一種です。
理念やビジョンを音楽で表現することにより、社員の一体感を向上させることを目的としており、
社歌を皆がわかりやすい曲調にすることにより企業理念をより自然に浸透・共有することが可能となります。

JENERGY(ジェナジー)ではこれからの企業の、それぞれのビジョンに合わせた社歌制作を行います。

3年で3割の新入社員が辞めてしまうという早期離職問題、団塊世代の大量退職と少子化による
新卒世代減少による人手不足の問題など、企業は様々な問題を抱えています。
第四次社歌ブームにより、ユニークな企業社歌の話題が出る中、
VISION SONGが問題解決の後押しをいたします。

詳しくはこちら >

詳しくはこちら >

※VISION SONGは現在商標を出願中。(商標2017-16847)

地域創生ソングについて

JENERGY MUSIC LABELではキャッチ―でユニークなご当地ソング制作を行っております。
全国各地の名物や名所を歌ったり、ご当地キャラクターのオリジナルソング制作、
プロモーション動画など、それぞれの特色に合わせたプロモーション手法で地域創生のお手伝いをします。

またご当地PRの為のイベント企画の提案も致します。

詳しくはこちら >

詳しくはこちら >

ご当地ソング実例
【マイヒーローグランプリ2015環境美化推進RAP】

Page top