MESSAGE代表からのメッセージ

2012年3月27日、
東京・赤坂BLITZで約1500人のファンに
見守られるなか、「エイジア エンジニア」は活動休止しました。
アジア中を元気にできる、職人でありたい。
そんな壮大な夢を抱いて、走り続けた15年間でした。

わたしたちの音楽を聴き、
落ち込んでいる時に元気になれたという声や、
困難に立ち向かう勇気が出たという声、
そして、なにより笑顔になれたという
ファンの声が「エイジア エンジニア」の支えでした。

音楽には人をポジティブにする力がある。
そう確信できたのも、
グループでの活動があったからです。

仲間と一緒に歩んできた道は、もう先に進めませんが、
わたしの人生は、まだ夢の途中です。

その後、わたしは展示会ブース施工会社に入社し、
さまざまな中小企業が自社製品をアピールしようと
趣向を凝らしたブースづくりで
頑張る人たちの姿を目にしました。

また、急成長している企業には
明確なヴィジョンや理念があることも知りました。

企業とは、人間の集合体であり、結局は人です。
「エイジア エンジニア」では不特定多数の人たちに向かってメッセージを投げかけていましたが、
これからは顔の見える誰かを応援していこう。
企業の想いに寄り添い、そこで働く人たちを
元気にする歌をつくっていきたい。

そう考えたのが、JENERGY設立のきっかけです。

社歌、という言葉からは
時代錯誤なイメージを抱くかもしれません。
でも、音楽には人の心を震わせる力があります。
音楽の力で企業の想いを、メッセージに変えて
広く世の中に伝えていく。

日本が元気になれば、アジアが元気になる。
そして世界が面白くなる。
そんなポジティブな連鎖を広げていくことが
わたしの夢の第2章です。

株式会社JENERGY 代表取締役 井手次郎

Page top